投稿者: 花里真道Page 1 of 3

「小学校への近接性と高齢者のメンタルヘルス」についての論文が発表されました。

ラボメンバーの西田客員研究員が分析した論文が発表されました。

今回、65歳以上の高齢者131,871人を対象に、居住地から最寄りの小学校までの距離とうつ(うつ傾向含む)との関連を分析しました。
more…

千葉大学墨田サテライトキャンパスで研究・教育活動がはじまります。

1921年に設置された東京高等工芸学校を礎とする千葉大学工学部は、技術と人間生活の接点を担う分野で、多くの人材を輩出してきました。
more…

Placemaking Week JAPAN 2021|プレイスメイキング国際カンファレンスで話題提供します。

世界のプレイスメイカーがネットワーキングし、プレイスメイキングの思想や手法、コロナ期のパブリックスペースの可能性を語る、発見に満ちた1週間のオンラインイベントで
more…

ウォーカブルな地域デザイン「Wellness Track」

ウェルネストラックはウォーキングコースおよびサイン・WEBコンテンツが一体となった、健康プログラムです。
more…

ウォーカブルな地域デザイン「WALK & HEALTH KASHIWA-NO-HA」

これまでの研究により、私たちの健康は地域の環境から知らず知らずのうちに影響を受けることがわかってきました。
more…

研究スタッフの募集(公募は終了しました。)

当研究室で、研究・教育活動を担っていただきたい研究スタッフの募集を開始しました。詳細はJREC-INでの公募ページをご参照ください。応募状況によっては公募期間を延長する可能性があります。
more…

日本建築学会研究協議会「スマートウェルネス・オフィスの未来~健康増進、知的生産性向上、さらにその先へ~」のご案内

2021年1月18日(月)13:00~17:30に日本建築学会環境工学委員会による研究協議会(シンポジウム)のディスカッションのコーディネーターを花里が務めます。
more…

商業施設と健康・Well Active Comminuty

建物や公園などの公共空間、街路や交通といったインフラ施設など、人工的に造られた環境は建造環境(Built Environment)と呼ばれ、健康との関係
more…

埼玉県ふじみ野市の一部地域で郵送調査を実施しています。

埼玉県ふじみ野市の一部地域で郵送調査を実施しています。研究テーマは、「商業施設の開店と近隣住民の行動や健康に関する研究」です。
more…

GBJシンポジウム 2020「新時代のQuality of Lifeを支える街と建築」のご案内

2020年10月12日(月)14:30-17:00に事前登録制のオンライン・ウェビナーGBJシンポジウム 2020「新時代のQuality of Lifeを支える街と建築」で登壇します。
more…

柏の葉健康まちづくりシンポジウム「ウォーカブルなまちのデザイン」のご案内

1月18日(土)に、柏の葉キャンパスタウンで、ウォーカブルなまちのデザインについてのシンポジウムを開催します。詳細・お申し込みはUDCKホームページにて。
more…

まちづくりスクール《アーバンデザインは健康寿命を伸ばすことができるのか? 》のご案内

千葉県柏市柏の葉にある、まちづくり組織「UDCK」で毎年2回開催している、まちづくりのアイデアを学ぶ市民講座《まちづくりスクール》に登壇します。
more…

イノベーション・ジャパン2019の千葉大学組織展示、WACoプロジェクトを出展しました

今年で16回目となる「イノベーション・ジャパン2019~大学見本市&ビジネスマッチング~」の千葉大学組織展示、WACoプロジェクトを出展しました。
more…

Well Active Community:WACo(ワコ)のホームページを公開しました

Well Active Community:WACo(ワコ)のホームページを公開しました。
more…

都市での孤立は高齢者の死亡リスクをより高めるか:JAGESコホート研究

相田潤, 斉藤雅茂, 花里真道, 斎藤民, 菖蒲川由郷, 平井寛, 小坂健, 尾島俊之, 近藤克則

第29回日本疫学会学術総会(東京都・千代田区),20
more…

高齢者における地域レベルのスポーツグループ参加割合と認知症発症

辻大士,宮國康弘,金森悟,花里真道,近藤克則

学会抄録集より

背景・目的

我々は、スポーツ関係のグループへの参加割合が高い地域に暮らして
more…

“SEA ACADEMY” ワークデザイン・アドバンスでのショートレクチャーの記事がアップされました

家具メーカーOKAMURAさんのオフィスで毎月開催されている“SEA ACADEMY” ワークデザイン・アドバンスでのショートレクチャーのレ
more…

サステナブル・ブランド国際会議2019東京「未来まちづくりフォーラム」に登壇します

3月7日の午後に、サステナブル・ブランド国際会議2019東京の特別イベントとして開催される「未来まちづくりフォーラム」にて、OPERAコンソ
more…

近隣の食料品店と死亡リスクの関係

参加しているJAGESプロジェクトより、GIS解析を担当した研究プロジェクトの論文が出版されました。 東京医科歯科大学の谷先生の論文です。
more…

竹中工務店と共働して、健康な建築・まちづくりの活動を紹介するサイト「健築」をアップしました

 

竹中工務店と共働して、健康な建築・まちづくりの活動を紹介するサイトをアップしました。活動の趣旨やコンセプト・事例などを紹介しています。
more…

策定協力しました『ふなばしメディカルタウン構想』が公開されました

策定協力をしました『ふなばしメディカルタウン構想』が公開されました。

船橋市の解説ページはこちら
構想のダウンロードリンクはこちら

この構想に基づいたまちづくりの推進に引き続き協力をしていく予定です。
more…

JST事業OPERAに採択され、健康まちづくり「Well Active Community:WACo(ワコ)」の産学共創をスタートします

当ラボが中心として取りまとめ、千葉大学名で応募した案が、科学技術振興機構(JST)が公募する産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)「共創プ
more…

『医学のあゆみ』に寄稿しました

医歯薬出版の週刊『医学のあゆみ』に、建造環境と健康について2編寄稿しました。1編目は、266巻11号 エピジェネティック作用薬:現状と将来に掲載され、2編目は次週の12号に掲載されます。
more…

建築学会で発表しました

9/4~6の期間で東北大学にて実施された『2018年度日本建築学会大会[東北]』で下記の6報を発表しました。引き続き、多様な視点から建造環境と行動・健康に関する研究を推進していきます。
more…

人工知能に関する柏の葉研究拠点シンポジウムのご案内

2018年9月4日に、産総研柏の葉ブランチの設置を記念する、東京大学と産総研の共催による「人工知能に関するグローバル研究拠点(柏の葉)シンポジウム~社会イノベー
more…

『健康への気づき』を促す空間デザイン・プログラムを開発・設置しました

ゼロ次予防の視点を活かした「『健康への気づき』を促す空間デザイン・プログラム」を、イオンモール株式会社、株式会社竹中工務店とのコラボレーションにて、イオンモール
more…

第3回健康と空間・まちづくりシンポジウムのご案内

千葉大学予防医学センターでは竹中工務店と共同でシンポジウムを開催しております。
more…

イタリア・トレント大学との共同教育プログラムにて2名の学生を受け入れました

ラボでは、イタリア北部に位置するトレント大学から2名の学生を短期留学生として3ヶ月間受け入れました。
more…

柏の葉UDCKで研究活動を紹介しました(2018.2.28)

2月28日に、「暮らしているだけで健康になる街? ゼロ次予防戦略にもとづく健康まちづくり」と題して、柏の葉アーバンデザインセンター[UDCK]で発表しました。
more…

オフィスワーカーのひとり作業、打合せ、会議と心理ストレスの関連

第24回日本行動医学会総会で学会発表しましたアブストラクトは以下の通りです。
Purpose
ワーク・エンゲイジメントを高めるオフィス環境について関心が高まっている。
more…