三重県いなべ市の市庁舎エントランスに、健康への気づきを得る空間デザインプログラム「いなべStep+10cm」を設置しました。このプロジェクトは、年代と身長から自分のいつもの(一般的な)歩幅を知り、歩くことができ、その後、プラス10cmのややおおまた歩きを試すことができるアートサインプロジェクトです。地元のケーブルテレビの下記動画6分55秒から11分03秒までに取材動画があります。

いなべ市は、三重県の最北端で、鈴鹿山脈と養老山地を望む豊かな自然に溢れた地域ですが、今後もゼロ次予防にもとづく健康空間デザインに取り組んでいく予定です。

本プロジェクトは、いなべ市、地域社会活性化支援機構、竹中工務店、千葉大学予防医学センター健康都市空間デザインラボの共同事業です。

 

(6分55秒から11分03秒までが該当部分)